読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

うーん、大丈夫かしら?

f:id:haruna333:20170412232213j:image

B学童の新入生もたくさん入って来た。

一年生だけで、40人を超える。その中に特に体が小柄でボブにしている茶色がかった髪が可愛らしいALちゃんがいた。

学習タイムの時に、ALちゃんと同じ机で勉強していた子がプリントの内容を聞いてきたので、私はここぞとばかりに張り切って、丁寧に説明していたら、

「うるさくて集中できないから、あっちへ行って!」

とALちゃんから注意をされてしまった。

 

私は、小声で説明し終わってから、

「ごめんねー🙏」

と謝りながら、その机から離れた。

 

学習タイムが終わって、部屋遊びの時間にALちゃんが目に涙を溜めて一人で立ち尽くしていたのを見つけ、そっと話しかけたら、寂しくて何だか不安であるというようなことを言うので、しばらく膝の上に乗せて抱っこして背中を軽くさすっていたが、落ち着かないので、絵本などを読んで気を紛らわそうとした。

だいぶ付き合って、そろそろいいかなと思い、私の今日のルーティンワークであるオヤツの準備に取り掛かろうとしたが、私の手を握って離さない。心細い気持ちも分かるし可愛らしいので、いつまでも手を繋いでいてあげたかっが、そうもいかず、よく言い聞かして手を静かに離した。

オヤツが終わり、後片付けも終えて子ども達の中に戻ろうとしたら、部屋の片隅がやけに騒がしい。

例の女王様、三年生女子のAYちゃんと二人の子分、ET君とOK君が誰かを囲んで何か責め立てている。

私は慌ててそこへ駆け寄った。真ん中で背中を丸めシクシクしているALちゃんがいた!

「あなた達、何で三年生三人で一年生の女の子を取り囲んでいるの⁉︎」

「だって、この子の方から睨んできたんだから!」と三人が口々に言う。

私はALちゃんなら、やりかねないなと思いながら、

「だからって、入ってきたばかりの一年生を三人で攻めるのって違わない?」

と言っても、彼等も理由なく睨まれて意味が分からないからそれを聞いているだけだ。

という。

問題はその聞き方なんだよなーということを幾度説明しても、僕たちは間違っていないと言ってくるET君。相変わらず、AYちゃんは怖い目をして、自分が不利な状況ではなかなか口を開かない。

ALちゃんも少し生意気なところが確かにあるので、この子達の言ってることもあながち間違ってはいないのも理解出来る。でも、やり方はマズイ!

このことが中々伝わらず、私がちょっとでもその場を離れるとすぐにALちゃんに近寄っていき、「何で!何で!」攻撃をするので、私はALちゃんを抱え、彼等から離したり、彼等と問答をしたり大忙しだった。

 

一番気になっているのが、ALちゃんにとってこの出来事がトラウマにならなきゃいいなぁということだ。

 

 

 

すごいな…

f:id:haruna333:20170408075000j:image

B学童の新五年生のKNちゃんは全体的にちょっとふっくらした女子だ。

色白で肩まで伸ばしたセミロングの髪は、後ろでゴムでまとめていることが多い。

全体的な柔らかい雰囲気とは反対に目元はしっかりしていて、見せる笑顔は自然だが、時に眼光は鋭く、大人でもこの目には睨まれたくないなぁと思わせる程だ。

そんなKNちゃんが私と仲良くなったのは、去年の夏、彼女を含む何人かの女子グループに怖い話をしてくれとせがまれて、私のありったけの記憶力と創作力を振り絞って、怪談もどきを何話か披露してからだ。

昨日、外遊びの時間に校庭ですれ違ったら、そのままバックして走って私のそばにやって来た。

そして

「○○さん!怖い話して!」

と迫って来た。私は青空の下、とてもそんな気分にはなれず、

「そのサービスはすでに終了致しました!」

と返す。

「えっ!駄目!して!して!」

彼女の迫り方の迫力に負けて、桜の木陰に引っ張って行き、木の根元に二人腰掛けて、たまに舞い落ちてくる桜の🌸花びらを目で追いつつ、

私は何とか一話長めの話をし終えた。

そして、話題を変えたくて

「KNちゃん、もうお花見した?」

と聞いてみた。すると、

「婆ちゃんお弁当とか作らないし、行かないよ。」

「そうだよね。確か、KNちゃんはおじいちゃんとおばあちゃんと暮らしてるんだもんね。」

「そう、お母さんもお父さんも生きてるけど、別々に暮らしてるから〜

○○さん、誰にも言わないでね。お母さんは別の人と結婚して弟がいるんだけど、私もその違うお父さんと暮らしてたけど、私はそのお父さんに虐められて今おばあちゃん家にいるんだー」

私は、最近こういった子どもの話に驚かなくなって来た。悲しいことだけど。でも、虐められたと聞くと、黙ってられなくて

「えっ?何か暴力ふるわれた?痛いことされたの?」と聞き返した。

「そんなに暴力は振るわれなかったけど、言葉が凄くて、何でお前は出来ないんだとか、馬鹿なんだとかいつもいつも怒鳴られていた…」

「それ!凄い暴力だよ!…」

 

…………………

私は何か言うと自分の言葉が嘘くさくなってしまう様で、少しの間彼女をハグして、背中をなでるしか出来なかった。

続けて彼女が話すには、三年生くらいの時に三ヶ月ほど施設で保育されたらしい。勿論、施設での暮らしが楽しいわけは無く、その三ヶ月はもうこのまま自分はここに置き去りにされるのではないかと怖くて怖くて仕方がなかったという。

そりゃあそうだ。

そのあと、私達はおばあちゃんだと(私もほぼその域ではあるが)分かりにくいだろう今時の生理の対処方法やブラジャーの選び方など性について語り合った。聞けば、身体の大きい彼女はもう初潮をむかえていた。

 

KNちゃんは、決して暗くない。色々と辛いことが多いだろうことは容易に想像できる。でも、彼女は笑い飛ばす強さを持っている。凄い!

 

 

 

 

リラックスするのはいいけど。

f:id:haruna333:20170404003700j:image

A学童に可愛らしい一年生が10名程入って来た。🐤🐤🐤

みんな、まだ不安そうで少し緊張した様子である。

と思いきや、殆どの子ども達が入所して2日目でもうだいぶリラックスしてきた。

トイレのスリッパは揃えない。使ったオモチャは、片付けない。部屋の中を走り回る。

今年の新人さんたちは、弾けるのが少々早い気がする。ちょっと浮かれた様に見えるのは緊張の裏返しなのかもしれないが、それにしてもみんな自由だ。

特に男子。極力偏見は持たない様に見ているつもりだが、(発達が)凸凹ちゃんなのかなーという子が余りにも多い。電車🚃の絵本に見入り、お弁当箱もお弁当袋もみんな電車🚆のSY君は心をオープンにしてくれたとこちらが思った途端に、ずっと私のあと追って来て、ずっとずっと私にくっ付いてきて、私が他の子と遊ぼうとするとことごとくその遊びを邪魔してかかる。😞

薬を飲んでいるSS君は兎に角じっとしていられない。列に並んでいられない。

TG君は誰ともコミュニケーションをとらずに、視線を空に彷徨わせて自分が何をしていいのか分からない様子。ただ、注意するとその場は理解してくれる。ニワトリじゃないが、その理解が続くのは10歩程歩く間だけ。

もしかして🤔去年の一年生(二年生)よりもユニークな子が多いかも… 

みんなこんなもんだったかしら?

それにしても、しっかり加減の男女差が大きいことに驚かされる。😮

女の子達は初めての友達とも何となく多少の言葉の遣り取りをしつつ、少しずつ相手との距離を縮めていくことが上手い。

これも脳梁の太さが見せる技なのか…

ゴチャゴチャしたまま、過ぎていく毎日の中、この子達がどんな成長をこれから見せてくれるのかワクワクもする。

 

 

 

 

 

 

春休みで滅茶苦茶忙しいけれど、優しい瞬間に救われる。

f:id:haruna333:20170329211244j:image

今、学童は春休みで一日保育を実施している。

子ども達は朝からお弁当持参で元気に登所してくる。👦🏻👧🏻👦🏻

そして、A学童のMO君が相変わらず面白い。

次々頼んでくる子ども達に囲まれてポケモンの絵を描いていたら、そこへMO君か手を背中で組んで首を左右に振りながら私に近づいてきた。

「○○さんは、何をしているのかな?」

と偉そうに聞いてきた。

「はい、○○さんはみんなのポケモンを描くのに大忙しでございます。」

と答えると、ゆっくりと私の絵を覗いて、

「ほほう、貴方はなかなか良い仕事をしてますね。」

と言ってくれた。

偶にこのように、MO君に"おじさん"がおりてくる。

私は見た目と語り口調のアンバランスに笑いを噛み殺して、絵を描くのに集中するフリをした。

暫くすると、またやって来て、

「○○さん!僕にカイオーガ(ポケモンの名前)を描いてぇ〜」

と紙を持ってきた。

「今日のそのサービスは終了しました。」

とふざけたら、

「困りますなぁ。 描いて描いて!さあ!」

と言うので描き始めたら、ジィーッと描き終わるまで私の手元を見つめていた。この瞬間、この集中力がこの子のチカラなんだなと身じろぎもしない彼の様子を視野内に感じて何だかとても、ホッコリした。^ - ^

 

 

🤔うーん、女王様のこれからは…

f:id:haruna333:20170323082902j:image

B学童の女王様。二年生女子のAYちゃんの支配が止まらない。(2016・2・28の記事を参照下さい。)

先週、おやつの時間に自由席でAYちゃん達が四人でテーブルについた。

その四人とは、AYちゃんとそして同じ二年生の男子三人だ。三人とも常にAYちゃんに周りにいるように強要されていて、逆らえない。その内の一人のET君は、AYちゃんは、大人のいないところで、頭を叩いてきたり、頬をつねってきたり、つごうの悪いことを大人に言いつけると脅してきたりするので、怖くてとても逆らえないと言う。

取り敢えず、四人はテーブルについて和やかにおやつを食べていた。私はそのテーブルの隣のKG君のテーブルにいたので、様子をよく見ることができた。

おやつを🍪🍘を食べ終わったら、各テーブルで台拭きをしてからフキンを決められた場所に持って行く係と包み紙などのゴミをまとめてゴミ箱に持って行く係を決める。その際大抵みんなジャンケンで決める。一斉に各テーブルでジャンケンが✊✌️✋ 始まった。

 ところが、くだんのテーブルは男子三人だけでジャンケンをしている。負けた二人が首をガクッと落として仕方なさそうに仕事を始める。

私は負けた二人の内のET君をそっと捕まえて、

「なんで、あんた達全員でジャンケンしないの?」

と聞いたら、彼は

「だから○○さん、僕のおかれた状況がわかるでしょ?」

と悲しそうな顔をして言って来た。

私は矢も盾もたまらず直接AYちゃんに聞いた。

「何で、AYちゃんだけジャンケンしなかったの?変じゃない?」

AYちゃんは呆れた様な表情で、黙ってじっと私の顔を見てそして無言ですっと視線を逸らした。私は何とも言えない気持ちになり、二の句が告げられなかった。

彼女のその沈黙が意味するものは、まあ、そんなこと当たり前じゃないといったところか。

次の日、AYちゃんからオセロをやろうと誘ってきた。私は子どもたちに負けないくらいにはフツーに強いので、

「いいよ!やろーやろー!でも、ズルはなしね!」

と強く言い聞かせた。すると、

「やっぱ、ET君が○○さんとやって!私はET君にアドバイスするから。」

仕方なくET君が、オセロ盤を持って来て、白と黒の石を中心に並べた。

ゲームが進むにつれて、ET君のやり方が気に入らなくてああでもない、こうでもない言い始めるAYちゃん。遂には、ET君を押しのけて座り自分がやりだす。

そして私の黒い石が圧倒的に盤の殆どを占めようとしていたその瞬間、AYちゃんは無言で盤上の石を両手でかき混ぜて、グチャグチャにした!

「それは、ないよ!ひどいよ!AYちゃん!!」

と私が言っても表情一つ変えず、無言で席を立つAYちゃん。

私はこの子をどうしてあげたらいいのか、現在考え中であるが、三年生になったらクラス替えもあるので、この変なグループは自然解散するだろうし、それで落ち着くんじゃないかというのが他のスタッフの大方の見方である。

ご両親の前で、そんなに良い子しないでもっと肩の力を抜けるようになって欲しいと切に願う。

 

MO君、再度検定に挑戦!

f:id:haruna333:20170322020114j:image

A学童のMO君が早速今日剣玉の検定試験を受けた。

前回は、"ろうそく"が出来なくて残念な結果になり、泣いて泣いて悔しがっていた。一週間もしないうちに"ろうそく"が出来るようになるとも思わず、

「今日受けるの?"ろうそく"出来るようになったの?」

と思わず聞いてしまった。が、彼は真剣な眼差しで

「受ける!」

と言って、自分に確認するように、首をこっくんと縦に振った。

検定試験は、前回合格した級の技から、確認する。

MO君は確実に"大皿"を決め、"小皿"をこなし、辛うじて、"中皿"に玉を乗せた!

さて、いよいよ7級に挑戦。

"小皿"はさっさと三回クリア。"中皿"も先ほどよりスムーズにクリア。

いよいよ、"ろうそく"。

けんを持つが、若干グラグラさせている。大丈夫か?

10回中、一回乗せられれば、合格。先週みたいに失敗しても、動揺する様子が殆ど見られない。六回目も失敗!さすがに少し泣きそうな顔になる!でも、座り込んだりもしない!

七回失敗!八回目。真剣そのもののMO君!

半端ない集中力に、判定するこちらも思わず肩に力が入る。

玉を振り上げた!カチッという音とともに、若干の運も手伝って中皿に玉がバッチリおさまった!!

やったぁー!!

MO君はニッコニコ!私も嬉しくて小走りで職員に結果を報告に行く!

やる気が結果に繋がったー!!

おめでとう🎊MO君!

君のやる気はほんとうに素敵!

f:id:haruna333:20170315081502j:image

A学童のMO君は、指を使わずにだいぶ計算が出来るようになったが、生活面ではまだまだ幼い。先日も、金曜日は上履き袋や給食袋など、荷物が多いものだから、こんなにたくさんの荷物は重くて運べないと言ってだだをこねて、学校から学童に来るのに、担任の先生が付き添って帰って来た。(同じ学校内で、教室移動だけなので、距離は50mもない。)学童から家に帰る時も、この日は座り込んでストライキを起こし、結局、一才上のお姉ちゃんに一つ持たせて帰ることになった。🏫👧🏻

MO君は、早生まれな上に保育園の時に大病を患い、長期に入院していたことがあり、それも原因していて他の子が出来ることが、色々とできない。そして、とても幼い。可愛いので、ついつい皆んながチヤホヤしてしまう。残念ながら、私もその一人である。

私は今日も剣玉の検定試験の担当を任され、挑戦するというMO君の審判をしながら、ついつい甘い判定を下してしまいそうになった。

7級を受けるに当たり、MO君は最近やっと"中皿"が乗るようになったばかり。("中皿"は、利き手が握る柄の部分についている皿に玉を乗せる技。)

なので、"中皿"がやっと乗るか乗らないかのMO君には、"ろうそく"はちょいと難しい。(ろうそくは玉を差し込むケンを指で握り中皿に玉を乗せる技。)7級は"小皿"と"中皿"と"ろうそく"が出来ないと合格しない。

"ろうそく"は10回中、1回成功させれば良いのだが、せっかちなMO君は、どんどん失敗を重ね、あと三回というところで、自分が合格しないだろうことに気付き、急に座り込んで、グズってしまった。グズって座り込むMO君が余りにも可愛くて私は思わず笑いそうになるのをグッと堪え、

「はいっ!最後までやらないの?ここで不合格にしていいの?」

と心を鬼👹にして厳しく言った。

MO君の小さな指では、まだ親指、人差し指、中指の三本でケンを立てて支えるには力が足らなくてフラフラしてしまう。かと言って、ぐーにして握ると剣玉の紐が 拳に引っかかり、玉が真っ直ぐ上に飛ばない。悩ましいところだ。それを訴えながら、MO君の目の縁がどんどん赤くなって来た。私はマズイぞマズイぞと思いながらも、

「MO君!頑張ろう!」

と励ましの言葉掛けをした。

MO君は、この指じゃできないから手伝ってと訴えてくる。でも、こればかりは手伝うわけにはいかない。

彼は検定の後も一日中このことを引きずった。

でも、私は彼のやる気に逆に驚かされた。剣玉に全然興味がなくて、"中皿"すら一度もできない上級生もいる中で、MO君のこの出来るようになりたいというエネルギーの強さは素敵だ!

整理がつかないくらいに出来ない自分をもどかしく思えるMO君にとても感心した!

来週は、"ろうそく"ができますように!!