読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

やっぱり、面白いわぁ。Rちゃん。

f:id:haruna333:20161220091152j:image

今二年生のB学童のRちゃんは目がくりくりで、お顔がまん丸で少ーしぽっちゃりしてるが、とてもすばしこく積極的な究極のかまってちゃんな女の子だ。

スタッフもRちゃんを苦手にしている人がいる。

何をやってもいささか強引で図々しく、周りの女子からは若干引かれることが多いが、本人は殆ど意に介していない。

私は、Rちゃんの強いところが嫌いじゃ無いので、よく遊ぶ。

Rちゃんは人懐こいので、私をどんなに遠くに見つけても、

「○○さーん!!(^o^)/ 」

と必ず声を掛けてくる。学校の掃除の最中も私が気が付いて手を振り返すまで、ずっと声を掛けてくる。

私は彼女の声掛けに応えたくて、大きく何度も何度も手を振る。

そんなRちゃんが、最近はまっているのが同じ学年のちょーイケメンのSHU君だ。SHU君は少し垂れた二重の目が涼しげな大人もちょっと構いたくなる綺麗な顔の持ち主だ。

頭も良く勉強も出来るし、剣玉も上手で、将棋もなかなか強い。

このSHU君達が大勢の二年生と校庭で鬼ごっこをしていた。

楽しそうだなあとボンヤリ見ていたら、

少しして私の前を二年生の集団が通り過ぎようとしていた。

その中に、SHU君といかにも無理矢理腕を組んで、

というより、Rちゃんに無理矢理腕を組まされ、ほぼ引きずられるようにして走りづらそうにしているSHU君を見つけた。

 「SHU君、どしたー?」

と私が聞くと、Rちゃんが先に答えた。

「○○さん、私この子を愛してるの〜」

とガッチリ組んだ腕に更に力を入れて、SHU君を自分の体の方へ引き寄せた自慢げなRちゃんの顔があった。

されてる色男のSHU君もまんざらでも無い様子。

 

そしてそのままワッーとわたしの目の前を通り過ぎて行った。👀

😊