読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

良さそうなお父さん!

f:id:haruna333:20160719203044j:image

B学童に三年生と一年生の姉妹がいる。

姉のYRちゃんは色白で細くて身長は平均よりは高い方。👩🏻👧🏻

性格はというと、   とにかく厄介。究極のかまってちゃんなのだろうけど、わざと人の嫌がる言葉を選んで投げ掛けてくる。何の前触れもなく、目があうと、いきなりニヤニヤしながら、

「○○さんはさぁ。もう少しダイエットした方がいいと思うよ〜」

と一言。

宿題で手間取っていて、私に聞いてくるので、丁寧に説明すると、途中で

「分かったから、早くあっち行って!」

と一言。

 

教えなければ、変な顔をして睨んでくる。

そして誰に対してもありがとうとごめんなさいが言えない。

捻くれている具合が半端ない。🤔

 

そして、今年入ってきた妹のHNちゃんは輪をかけて捻くれている。みんなに注目してもらいたくて、ウケ狙いで平気で下ネタでも、人の悪口でも何でも言う。

 

私に対しては「おばあちゃん!!」だ。

私はオバちゃんにもババァにももう慣れた。実際そうだからだ。ただ、歳に抗っても限界があることを感じているこの頃では、おばあちゃんやおばあさんとなるとリアルに少し悲しい。

 

顔に出てしまっているのだろう。そこを突いてくるのだから、痛い。😞

 

その姉妹に五月になってお父さんが出来た。苗字も新たにYRちゃんは新しいお父さんが出来たとみんなに触れ回った。

 

先週、YRちゃんが珍しく私のところに来て将棋を教えて欲しいと言う。他ならぬYRちゃんの頼みなので、捻くれ発作が出る前に

「珍しいじゃん!やろうやろう!」

と話に乗った。

 

彼女は紙をホッチキスで留めた手作りノートを持ってきて並べ方やら、基本的なルールやらを書き始めた。私は彼女のやる気が嬉しくて、

「何で、急にまた将棋をしたいなんて思ったの?」

と聞いてみた。

「お父さんが一緒にやってくれるの。」

「へぇ〜良いお父さんでよかったねぇ!!」

「でもね!怒るとすっごく怖いんだから!!」

「そうなの⁉︎もしかして叩いてきたりする⁉︎」

「それは、ないよ〜(^-^)」

 

どおりで、YRちゃんのかまってちゃんが最近少し落ち着いてきたと思った。

 

どうか、私の想像している通りの良いお父さんでありますように!