読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

釈然としないなぁ。

f:id:haruna333:20160617094807j:image

B学童のこと。一年生の女の子でHIちゃんという痩せて色白の日本人形の様なお嬢さんがいる。お母さんが心配性なのか、些細なことでも、ちょくちょく施設にやって来ては社員と何十分も話をしては帰っていく。👧🏻👩🏻

一昨日のことだ。このHIちゃんの連絡帳の記載に、お迎えありにチェックされていたのを(あり・なし のどちらかに○をつける)見逃したあの若い男前な社員が、わざわざHIちゃんの自宅にまで足を運び謝罪をしに行くことになった。

 

ことの仔細はこうだ。

一昨日、登所した際にこの社員は「あり」を見逃したものの、HIちゃん本人が今日一人帰りであると言い、そのため彼は何時かを確認し、正しい時刻に本人を帰らせた。

そして、本人はお迎えに来た母親とばったり、校門で会ったがそのまま帰った。

そして、6時までの業務を終えた男前な社員は電車に乗って家族の待つ自宅に帰った。

が、HIちゃんの父親からのクレームの電話が7時頃にあり、憤慨していて、どうも腹の虫が収まらない電話での様子だったので、他の社員がエリアマネージャーと連絡を取り、帰った彼を呼び出して直接謝罪に行くことが決定。👺

家で電話を受けた男性社員は又施設へ引き返し、謝罪に行くことになった。

 

可愛い一人娘を、学童のミスで、勝手に一人で帰らせるなんてとんでもない。

のだろう。

だけど、そこまでしなければならない話なのか?

 

HIちゃんは臆病で引っ込み思案な子だけど、好奇心は一人前で、雲梯でも何度も落ちながらも、幾度もトライする。

この好奇心の芽を摘みたくないので、私は時に彼女の体を抱っこして最後まで辿り着くのはこんな感じ という(途中登りの傾斜があるので)イメージを持たせるようにしている。

 

雲梯で遊んでいる時のHIちゃんはとても生き生きしていて、わんぱく盛りな子どもたちの発するワクワクな気分がこちらにも伝わってくる。

 

社員さんに睨まれながら、(B学童では、一人の子にこんなにかかずらうのは公平でないと考えられ、また身体的な接触もあまりよしとされていない。ひらたく言えばおんぶや抱っこはダメなのだ。私は必要とあれば、自分が変態だとは思っていないので公平にどの子も抱っこもおんぶもする。)彼女に時間をさくのは、大人に彼女の楽しみを奪って欲しくないからだ。😠

 

ご両親も同じ考えだといいなぁと思う。