ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

そっかあ。わかるけど、やだなぁ。

f:id:haruna333:20180522193627j:image

B学童の四年生の男子HH君は、とにかくずっと明るい子である。私にとても懐いていて、校庭にいると私を探して見つけて駆け寄ってくる。

「せんせぇー!!!」

私はこう呼ばれるのは苦手なので、

「○○さんですが、何か御用でしょうか?」

とすっとぼけて答える。

彼はデヘデヘと笑って、私の手を握りしめていつもの様に手の甲にキスをしてくる。🤛🏻💋

最初は、やらない様に注意をしていたが、最近はもう諦めている。😑

彼は独特な妄想の世界を持っていて、いつもわけのわからないことを一方的に話してくる。この話に付き合うのはなかなか骨がおれるのだが、時間のある時はなるべく出来る範囲で注意を向けて聞いている。

彼は聞いてもらえるのが嬉しくていくらでも話しかけてくるが、折角色々な友達が遊んでいるのだから、可能な限り、私は他の子も集めてポコペン(缶蹴りの様な遊び)などをして彼を皆んなに馴染ませようと頑張っている。

しかし、集団遊びが下手ですぐにふざけてしまい、他の子を怒らせるか、呆れさせるかして、遊びの仲間の輪からはもって15分程で脱落してしまう。

 

そのHH君が私の気を引こうとしてか、つくづく隣の新卒スタッフを見てから、

私に向かって

「おばあさんさあ。」

と話しかけてきた。

私は軽いショックを受けた。まあ、50代にギリギリぶら下がってる私はもうそう呼ばれても仕方がない歳なのだが、頭の中は未だ未だ30代なので、受け入れられない!

「なんで?せめておばさんって呼んでよ!」

と言ったら、HH君は、

「だって、おばさんは失礼じゃない。」

という。

彼は女性に向かって おばさん と呼ぶのは失礼でいけないことだと思っていた。

確かに若いバイトのお姉さん達に向かって他のやんちゃな子たちが「おばさん」とか「ババア」とか呼んでいるのを見て聞いて、彼はそう感じているのだろう。

 

なるほど…とてもピュアな子で、悪巧みや嫌味や底意地の悪さが全く通じないHH君。私がちょっと痩せると

「○○さん、痩せたでしょ。」

とすぐ気づいてくれる。髪を切っても、新しいTシャツを着ていっても、最初にコメントしてくれるのは、彼だ。

 

明日、彼にとっての『おばあさん』の定義を聞いてみようと思う。

 

教えたい。でも、やり過ぎなのかしら。

f:id:haruna333:20180508093718j:image

私たちの施設児童館のヘビーユーザーのTK君。

先週はフツーに来てくれたが、もうお相撲はすっかり辞めることの結論が出た様で、大好きなK- 1の話題を楽しそうにしてくる。戻って来てくれてそれは良かったのだが…

この日、おやつを買いに行き、グミやガムのゴミ屑を小さなスーパーの袋にまとめて入れて、ギュッと袋の口を縛って大きなゴミ箱に入れるように指導したら、ナント袋の口を結ぶことが出来ない!

やはり…と思った。方向音痴でもあるTK君は空間認識能力が低いのだ。

 

私はTK君の前で、ゆっくりスーパーの袋の左右の取っ手のところを重ね合わせ、片方を交差した部分の下に潜り込ませて結んでみせて、それを二度ゆっくりと繰り返して、固結びをしてみせた。

彼はゆっくりとそれを真似しようとしたが、全然できない。私は何度かトライを促したが、すぐにそれを拒絶してきた。

 

あぁ。これは彼の脳にはとても負荷がかかるのだなと思い、彼がDSで遊び始めたので無理強いはしなかった。

でも、このままではゴミ出しにも行けない大人になってしまうと考え直し、紐っぽいものを用意して、10分ほどしてから再度挑戦してもらった。

そっぽを向いて嫌がるTK君を宥めすかして、何度が付き合ってもらったが、最後にはテーブルに突っ伏してしまった。

そして

「疲れたぁ〜〜もう〜マジめんどくさいし〜」

と言って完全に放り出してしまった!

私は

「ごめん、ごめん、疲れたよねー」

と言ったら、

「○○さん!本当に俺の気持ちわかってる?」

と嫌ーな顔をして目を瞑ってしまった。

本当にとても疲れるようなのだ。私たちには想像出来ない脳の疲れを感じているらしい。

 

悪かったと大いに反省した。次回はもっとうまい工夫をしてみようと考えた。

 

胸が熱くなった…

f:id:haruna333:20180508225322j:image

B学童の二年生の男子のYT君は、色白で痩せていて、アトピーが少々きつくて切れ長の目が涼しくて、じっとしていられない、自由な行動をとってしまう子である。(2017・8・23を参照下さい。)

彼には、保育園に預けられている小さな弟が二人いる。お母さんの仕事はマスコミ関係でとても忙しい。延長保育の時は時々お父さんが迎えに来る。

彼と距離を縮めたのは、けん玉がきっかけだった。けん玉には『10回の試技中一回大皿に乗せられたら10級合格』などの検定がある。

少し発達障害の傾向のある子ども達は先の見通しがはっきりしてる遊びが好きだ。頑張れば、級が上がっていく為、自己達成感も味わえるけん玉にハマる子ども達は多い。拘るといつまでも、けん玉を握ってカチカチやっている。

YT君も私の目論見通りにハマってくれた。私にもとても心を許して遊んでくれるようになった。学習タイムはいつも私の膝の上が指定席だ。

そんな彼と遊んでいたら、施設の玄関からそっと中を除きこむ顔が見えた。

YT君と、とても仲良しだったRY君だ。RY君は、ご両親の都合で今週東京から500km以上離れた遠方に引っ越す。学校に挨拶に来たらしい。学童は先週退会している。

RY君は、大きな目に涙を溜めていた。

彼は普段から可愛らしい高い声でゆっくりとお話しする、それは優しい子だ。

YT君は、黙っている。この沈黙が切なくて、私ももう一人その場にいたスタッフも目元を押さえずにはいられなかった。

RY君のお父さんが

「YT君!仲良くしてくれて本当にありがとうな!」

RY君が、

「YT君、元気でね…」声を絞り出した。

YT君は、しばらく黙ったままでいて、

俯いたまま、一言

「うん…」とだけ言った。

 

そのあと、フツーに遊べていたが、YT君の心の内を察すれば、今週は出来るだけ彼の遊びに付き合ってあげようと心に決めた。

君は、かっこ悪いとは思わないんだね。

f:id:haruna333:20180505000529j:image

B学童の新一年生のKT君は、顔はなかなかのイケメン。背も高く、力も強い。声も低くて、ちょっと見たところ三年生くらいに見える。

ところが、この子がオンブが好きで好きで。延長保育の午後六時から七時までオンブをせがんで来て仕方がない。

ニコニコして

「オンブして!オンブして!」

と言って背中に飛びついてくる。

状況としてオンブしにくい時や、重くて私の身体がしんどい時、速やかにオンブを諦める方法として私が使っている一八番は、

「ぼ〜や〜は、🎵🎶よい〜子〜だ🎶ねん〜ねしな〜🎶」と

オンブをすると同時に歌い出して、あえて恥ずかしい気持ちにさせるというやり方だ。

今までこの手で、殆どの子ども達が恥ずかしがって背中からすぐに降りてしまっていた。

けれども、KT君には効かない。いつまでもニコニコしながら(嬉しそうにずっと笑っている声で、恐らく)私の背中にしがみついている。

今日は、『五木の子守唄』までフルに歌ったが、寧ろ歌を喜んでじっとして聞いてる様でもあるので、考えた。

お迎えに来るお母様は、3歳くらいの小さな弟を連れて来る。

ああ、きっと甘え足りてないのだろうなぁ。本当は、弟じゃあなく、自分がたくさん甘えて、オンブも抱っこもして欲しいんだろうなぁと。

しばらくは、KT君のニーズに応えようかなぁと思っている。

 

色々と体験することは大切。

f:id:haruna333:20180430223141j:image

私達の施設児童館のヘビーユーザーのTI君(2018・2・20の記事をご参照下さい。)がお相撲のことで色々と悩んだ結果、ついにお相撲を辞めることを決意した。

彼はADHDアスペルガーがあって、自分の興味が向かない事に関してはすぐに忘れてしまう。が少しでもツボにはまってしまうととことん拘ってしまう。ただ、それも自分にとって楽しくないことだと決して長続きはしない。

施設にあるカラオケ🎤でも、他人が歌っている歌には殆ど興味を示さず、同じ歌を毎回歌っている。決して音痴ではなく、音をとるのは上手い方だ。

そんな彼が今回お相撲を辞めることを二週間以上悩み続けた。無論、私は彼の出した結論を尊重する思いでいた。

自分が辞めたらただでさえメンバーが少ない相撲部が続かなくなるのではないか?相撲の稽古て゛とても親切にしてくれたスタッフのP君が自分を嫌いになるのではないか?でも、いくらやっても、年下にも勝てない自分はゴミだから…続けていても意味がないのでは?

彼が一つのことをこれだけ気にかけて真剣になることはなかなかない。悩んでる本人はきついだろうが、これは貴重な体験だ!

彼は悩んだ挙句、児童館に来るのも躊躇うようになった。私は彼を待った。

先日はドア🚪を開けたら横に立っていた。が、一瞬顔を見せて逃げて行ってしまった。

今週は、もう私が我慢できず、P君に頼んで彼がフラフラしていそうな近くの公園などを見回って、連れてきてもらうよう頼んだ。

見つかった。P君は声掛けだけしてきた。

彼は自分の意思でやってきた。

来てからも、

「なんで、来させるの?児童館は自由でしょ。」などの憎まれ口を、叩きながらも懐かしむように館内を見回していた。

おまけに、今週は夜の部で『春の花火大会』があった。🎆

ナント、親御さんから言われていたのか、本人が火を怖がっていたからなのか、双子の弟君ははしゃいで火をつけた二本の花火を振り回したりするのに、TI君は花火をしたことが無いと言う。私と一緒に持とうと言っても逃げるばかり。私は辛抱強く、持つ方の先端を彼のために3cmほど空けて自分は火薬に近い方を持って、

「ここ、持ってごらん?全然熱くないから!」

と誘った。二、三回誘って、やっと恐る恐る花火を握った彼は

「へぇー熱くない…」

と、嬉しそうにし、その次は自分一人で持つと言った。そして、二度ほど自分で持った。もっとやりたいと彼が言い始めた時には、花火はもう残ってなかった。

ほらね!やってみると楽しいでしょ!!

家に閉じこもっていたり、公園で一人で遊ぶより、複数で共有する時間がTI君のような子ども達にとって貴重なものであることを実感する!

 

ダサいと思うなぁ。

f:id:haruna333:20180425085550j:image

B学童の別棟にいたら、新卒の女子の常勤スタッフのMさんが、必死な顔をして同じ部屋の3m向こうから

「○○さんっ!!ちょっと来て下さい!!!」と声を掛けてきた。

何事かと思ったら、彼女の周りで立ったまま物凄い大声で囃し立てる何人かの男子と、相変わらずきつい目つきでMさんを威嚇している、例の女王様AYちゃん(2017・7・6を参照下さい。)と、顔と目の淵を赤くしてハァハァ😡しているNA君とMさんに叱られている二人の男子(この三人は体育座りをさせられていた。)がひとまとまりになって大騒ぎをしていた。

私は交通整理をすべく三人以外を追い払った。けれども一人を向こうに行かせると、一人が戻って来るといったふざけた繰り返しで、てんやわんやだった。その中でAYちゃんはしぶとく残って、Mさんを責め立てる。

「なんで、大人がはいってくるの?わけわかんないし、そもそも子どもだけで解決できるから、おまえは黙って!」とMさんに向かってきつーい口調で言う。ついで、ET君(2017・11・2の記事を参照下さい。)が、「どうせ、バイトなんでしょ。うるさいこと言わないで!」

とかなんとか言ってきたので、そこは私がはっきり否定をした。そうこうするうちにMさんが、ナンと😳🙄泣き始めてしまった!💧

私にとっては自分の娘より下のMさんがかわいそうで、何とかしてあげたいと思いもしたが…

正直、まず最初に    

ダサっ

と思ってしまった。

こんな人がこんな職場で勤まるのか?そもそも何故こんな所に就職したのか?

私の頭に色々な疑問がよぎった。

取り敢えず、交代してしきることもできたが、それをやったら彼女のプライドも傷つけるし、何より彼女のためにならない。

私は交通整理をし終わり、当事者じゃない子どもを外に出して、事の次第を施設長に報告した。

そもそも、何かを言われて興奮したNA君が本を投げて誰かにぶつかったと言う些細な出来事がきっかけで、大騒ぎになったらしい。

施設長が関わった子ども(Mさんをなじった子どもも含めて)たちに長いお説教をして、この件は終わった。

私は子どもに何か言われて腹がたつことは今でもよくあるし、傷つくこともたまにあるが、泣いたことは一度もない。

子どもは無知だし、無神経だし、無責任だし、大人ほどには空気も読めない。

それだけに、きつーいことも言ってくる。だけど、そこは子どもなのだ。子どもなのだから、仕方がない。そこで、割り切るしかない。

Mさんの成長を祈る。

 

 

 

 

 

 

やはり、顧客ではダメなんじゃあ…

f:id:haruna333:20180409121811j:image

私が勤務しているA学童は公設公営なので、福祉施設としての役割を担う色合いが濃い。従って、A学童の施設長は(勿論、個人差はある)保育園の様に子どもだけでなく、地域の親御さんも育てようという意識が強く、矜持を持って仕事にあたっている。

ところが、B学童は小学校の敷地内にあるとはいえ民営の施設なので、どうしても営利が優先されるため、利用者即ち子どもも親も「顧客」になってしまう。

すると、何かにつけ親の顔色を伺うので、つまらないことで振り回され、いわゆるモンスターペアレンツのノイジーマイノリティに左右されがちである。

これでは、親御さんも学べないし、何より子どもにしわ寄せがくる。

例えば、A君がB君を噛んで歯型をつけたとしよう。A君には、一番言われたくない体の特徴のことをやめてと言っても言い続けられたのだから、寧ろ噛む権利があった。B君は、歯型を見せてきて痛いと泣きわめく。自分が何を言ったかは一切言わない。

こんなケースでは、「大事なお子さんに歯型をつけてしまった」という事柄だけが先走り、とにかく暴力はいけないとかなんとかいう理由で取り敢えずA君はめちゃくちゃB君に謝るよう強要される。そして何が起こったかをザックリな説明でしか受けていないA君の親御さんもB君の親御さんに謝罪をして幕引きとなる。

これでは、全然ダメ🙅🏻‍♀️だ。

なんといっても、B君は、これでは何も学べない。彼は何故自分が噛まれたかを知る権利がある。知らないと又彼は他の誰かにやってしまうしやられてしまう。

一方、A君の気持ちも考えも、誰にも共有されずに宙に浮いたままになる。噛む事は何故いけないのかを理解できないままに時間に余裕のない大人同士でケリをつけてしまう。

この二つがないがしろになった時点で大いに問題なのである!

毎日がこんな現場で子どもはどう育っていくのだろう…