読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

こういうパターンはあるよね。

f:id:haruna333:20170425223302j:image

A学童の新一年生の親御さんが、本日朝一番に小学校と学童に電話をしてきた。クレームだった。

内容は、学童のコース別の集団下校の帰り道に自分の息子だけが一人外されて、「一人ぼっちで帰るのが嫌だから、もう学校に行きたくない。」と言っているというものだった。

突然、小学校の男の先生方二人が学童にやって来て、当人と他3名を名指しして連れて行ったものだから、私は何事かとハラハラした。

職員に聞いたら、朝一番にお母さんから電話がきて、帰り道で仲間はずれにされているようだという電話が朝にかかってきたとのことだった。

でも、当人のRK君は結構自己主張が強すぎるくらいの子なので、私は何だか親御さんの訴えがピンとこない感じがした。

小学校の先生から解放されて帰って来た4名に学童の職員がよくよく話を聞いたら、

RK君が勝手に違う道を通ろうとしたり、ふざけて皆んなと違う側を歩いたりするので、他3名が注意をした。それでも、言うことをきかないので、皆んなは指定されたコースを普通に歩いて帰っているだけだということらしい。

私はこの話を聞いて、やっぱりと思った。RK君と一緒のコースの3名は、今までも違う道を帰るなどといった間違いを起こしたことがないし、凡そ一年生を置き去りにしたり仲間はずれにするタイプではない子ども達なのだ。

出た。

親御さんが自分の子どもの言い分のみを間に受けて、クレームをつけてくるパターンだ。

きっと自分のお子さんの初めての小学校そして学童保育のスタート。お母さんもさぞかし不安で一杯だろう。それは分かる。けれども、自分の子どもが話を一切盛らないで、起きた事実だけを俯瞰して話せる、そんな成熟したキャラかどうかくらいは分かるだろう。三割ぐらい間引きして考えられないだろうか。

責めて、クレームではなくて、自分の不甲斐なさも含めての心配事の相談ということで、問題を大きくしないように学童だけに相談するなど出来ないだろうか?

私は息子を育てたことがないので、その可愛さは分からないが、子どもにとって後々プラスに働くかどうかを忖度して行動を起こすくらいのことを期待するのはいけないのかな?と思ってしまった。

 

 

困ったなぁ。

f:id:haruna333:20170420114607j:image

A学童の一年生のSY君は背か高く、細身で柔和な顔立ちの色白な男子だ。

この子はなかなか厄介である。いつもニコニコしながら大きな声を立てることはないが、とにかく自分の主張を押し通そうとする。

私と遊びたいと思うと、とことん自分と遊ぶまで、邪魔をしてくる。

将棋をしていると、将棋盤の駒をイタズラして隠したり、置いてある場所を変えたり、幾度注意しても言うことをきかない。

剣玉をしていると、わたしの剣玉を横から手を出してつついてくる。

紙芝居を読んでいると、紙芝居の前に立ちふさがる。

あやとりをしていると自分の手をあやとりの紐の中に突っ込んでくる。

私が彼の言うことを聞いて、アイロンビーズで作ったゲーム機的なものを仕上げたあとも、まるでストーカーの様についてきて、邪魔をする。

何度、人の遊びを邪魔してはいけないと注意してもやめないので、困ってしまっている。

彼はひたすら幼いのだ。人にとって、遊ぶ相手で一番ハードルが高いのが同級生という。次に年下。最後が年上。ここの空間では彼の年下は存在しないので、同級生じゃないとみんな年上だが、いかんせん二年生はついさっきまで一年生だったので、まだまだ幼くて、自分のことで精一杯。三年生もクラス替えや担任替えでまだ不安定で、なかなか年下の面倒を見るまでの余裕がない。必然、同級生と遊べない子は大人と遊びたがる。仕方がない。けれども限度がある。十人を超す新一年生が次々と○○さん遊ぼうと言ってくる中で、彼だけに時間を割くわけにはいかない。それに遊びの邪魔をするやつという不名誉なレッテルが彼に貼られようとしていることも心配だ。

そのことをわかってもらうべく、先日彼の両手を握りしめて、今日これ以上私の遊びの邪魔をしたら、私はあなたと一日中口をききません。

と伝えたら、うんと黙ってうなずいたので、SY君から離れて違う子達とおはじきをしていたら、案の定私の膝にまたがってきて邪魔をしてきたので、彼を無理矢理膝から下ろして、彼を一日ずっと無視し続けた。

彼には多少こたえたようなので、今日も邪魔しようとしてきた時に、

「今日も一日、SY君とお話しできなくなりますが、いいですか?」

と言った。すると、ちょっと考えて彼はやめた。

 

当面、この繰り返しになるのか…

 

一年生って、毎年こんなだったかしら?

他にも個性豊かな(特に男子)子どもが揃っていて、A学童もてんてこ舞いである。

大規模学童のB学童は言うまでもない。

(−_−;)

 

 

勿論、それもありだと思います。

f:id:haruna333:20170416222333j:image

B学童のAYちゃんの一の子分の三年生男子ET君。

彼は勉強もよく出来るし、運動神経も悪くなく、なかなかイケメンなのだが、とても特徴的なところがある。

それは彼の声だ。女子の裏声の様な高い声なのだ。見た目と落差があるので、よくからかわれの対象となるのだが、本人はワザとそんな声をだしているわけではない。

そんなET君が、先日同級生の男子YY君にカンチョーをして、されたYY君が私に訴えてきたので、たかがそれくらいでいちいち言いつけるのもどうかと思いつつ、ET君に相手が嫌がっているということを伝えようと思った。

すると、何だかET君の様子が変で、というのは、自分がしたことを酷く恥じ入っているみたいで顔を赤らめでいるので、///// 冗談半分、からかい半分に

「別に男子が男子を好きになったって、いまどきは全く自由なんだからね。」

と言ってみたら、ET君はそんな私の言葉を真剣に聞きいっていた。😶

私はいつもおちゃらけて人の話しを茶化すET君がこんな顔を見せるなんて珍しいなぁと思いながら、ET君がそうではなくてもLGBTは珍しいことだという認識を改めていかなければならないとつくづく思った。😮

 

 

うーん、大丈夫かしら?

f:id:haruna333:20170412232213j:image

B学童の新入生もたくさん入って来た。

一年生だけで、40人を超える。その中に特に体が小柄でボブにしている茶色がかった髪が可愛らしいALちゃんがいた。

学習タイムの時に、ALちゃんと同じ机で勉強していた子がプリントの内容を聞いてきたので、私はここぞとばかりに張り切って、丁寧に説明していたら、

「うるさくて集中できないから、あっちへ行って!」

とALちゃんから注意をされてしまった。

 

私は、小声で説明し終わってから、

「ごめんねー🙏」

と謝りながら、その机から離れた。

 

学習タイムが終わって、部屋遊びの時間にALちゃんが目に涙を溜めて一人で立ち尽くしていたのを見つけ、そっと話しかけたら、寂しくて何だか不安であるというようなことを言うので、しばらく膝の上に乗せて抱っこして背中を軽くさすっていたが、落ち着かないので、絵本などを読んで気を紛らわそうとした。

だいぶ付き合って、そろそろいいかなと思い、私の今日のルーティンワークであるオヤツの準備に取り掛かろうとしたが、私の手を握って離さない。心細い気持ちも分かるし可愛らしいので、いつまでも手を繋いでいてあげたかっが、そうもいかず、よく言い聞かして手を静かに離した。

オヤツが終わり、後片付けも終えて子ども達の中に戻ろうとしたら、部屋の片隅がやけに騒がしい。

例の女王様、三年生女子のAYちゃんと二人の子分、ET君とOK君が誰かを囲んで何か責め立てている。

私は慌ててそこへ駆け寄った。真ん中で背中を丸めシクシクしているALちゃんがいた!

「あなた達、何で三年生三人で一年生の女の子を取り囲んでいるの⁉︎」

「だって、この子の方から睨んできたんだから!」と三人が口々に言う。

私はALちゃんなら、やりかねないなと思いながら、

「だからって、入ってきたばかりの一年生を三人で攻めるのって違わない?」

と言っても、彼等も理由なく睨まれて意味が分からないからそれを聞いているだけだ。

という。

問題はその聞き方なんだよなーということを幾度説明しても、僕たちは間違っていないと言ってくるET君。相変わらず、AYちゃんは怖い目をして、自分が不利な状況ではなかなか口を開かない。

ALちゃんも少し生意気なところが確かにあるので、この子達の言ってることもあながち間違ってはいないのも理解出来る。でも、やり方はマズイ!

このことが中々伝わらず、私がちょっとでもその場を離れるとすぐにALちゃんに近寄っていき、「何で!何で!」攻撃をするので、私はALちゃんを抱え、彼等から離したり、彼等と問答をしたり大忙しだった。

 

一番気になっているのが、ALちゃんにとってこの出来事がトラウマにならなきゃいいなぁということだ。

 

 

 

すごいな…

f:id:haruna333:20170408075000j:image

B学童の新五年生のKNちゃんは全体的にちょっとふっくらした女子だ。

色白で肩まで伸ばしたセミロングの髪は、後ろでゴムでまとめていることが多い。

全体的な柔らかい雰囲気とは反対に目元はしっかりしていて、見せる笑顔は自然だが、時に眼光は鋭く、大人でもこの目には睨まれたくないなぁと思わせる程だ。

そんなKNちゃんが私と仲良くなったのは、去年の夏、彼女を含む何人かの女子グループに怖い話をしてくれとせがまれて、私のありったけの記憶力と創作力を振り絞って、怪談もどきを何話か披露してからだ。

昨日、外遊びの時間に校庭ですれ違ったら、そのままバックして走って私のそばにやって来た。

そして

「○○さん!怖い話して!」

と迫って来た。私は青空の下、とてもそんな気分にはなれず、

「そのサービスはすでに終了致しました!」

と返す。

「えっ!駄目!して!して!」

彼女の迫り方の迫力に負けて、桜の木陰に引っ張って行き、木の根元に二人腰掛けて、たまに舞い落ちてくる桜の🌸花びらを目で追いつつ、

私は何とか一話長めの話をし終えた。

そして、話題を変えたくて

「KNちゃん、もうお花見した?」

と聞いてみた。すると、

「婆ちゃんお弁当とか作らないし、行かないよ。」

「そうだよね。確か、KNちゃんはおじいちゃんとおばあちゃんと暮らしてるんだもんね。」

「そう、お母さんもお父さんも生きてるけど、別々に暮らしてるから〜

○○さん、誰にも言わないでね。お母さんは別の人と結婚して弟がいるんだけど、私もその違うお父さんと暮らしてたけど、私はそのお父さんに虐められて今おばあちゃん家にいるんだー」

私は、最近こういった子どもの話に驚かなくなって来た。悲しいことだけど。でも、虐められたと聞くと、黙ってられなくて

「えっ?何か暴力ふるわれた?痛いことされたの?」と聞き返した。

「そんなに暴力は振るわれなかったけど、言葉が凄くて、何でお前は出来ないんだとか、馬鹿なんだとかいつもいつも怒鳴られていた…」

「それ!凄い暴力だよ!…」

 

…………………

私は何か言うと自分の言葉が嘘くさくなってしまう様で、少しの間彼女をハグして、背中をなでるしか出来なかった。

続けて彼女が話すには、三年生くらいの時に三ヶ月ほど施設で保育されたらしい。勿論、施設での暮らしが楽しいわけは無く、その三ヶ月はもうこのまま自分はここに置き去りにされるのではないかと怖くて怖くて仕方がなかったという。

そりゃあそうだ。

そのあと、私達はおばあちゃんだと(私もほぼその域ではあるが)分かりにくいだろう今時の生理の対処方法やブラジャーの選び方など性について語り合った。聞けば、身体の大きい彼女はもう初潮をむかえていた。

 

KNちゃんは、決して暗くない。色々と辛いことが多いだろうことは容易に想像できる。でも、彼女は笑い飛ばす強さを持っている。凄い!

 

 

 

 

リラックスするのはいいけど。

f:id:haruna333:20170404003700j:image

A学童に可愛らしい一年生が10名程入って来た。🐤🐤🐤

みんな、まだ不安そうで少し緊張した様子である。

と思いきや、殆どの子ども達が入所して2日目でもうだいぶリラックスしてきた。

トイレのスリッパは揃えない。使ったオモチャは、片付けない。部屋の中を走り回る。

今年の新人さんたちは、弾けるのが少々早い気がする。ちょっと浮かれた様に見えるのは緊張の裏返しなのかもしれないが、それにしてもみんな自由だ。

特に男子。極力偏見は持たない様に見ているつもりだが、(発達が)凸凹ちゃんなのかなーという子が余りにも多い。電車🚃の絵本に見入り、お弁当箱もお弁当袋もみんな電車🚆のSY君は心をオープンにしてくれたとこちらが思った途端に、ずっと私のあと追って来て、ずっとずっと私にくっ付いてきて、私が他の子と遊ぼうとするとことごとくその遊びを邪魔してかかる。😞

薬を飲んでいるSS君は兎に角じっとしていられない。列に並んでいられない。

TG君は誰ともコミュニケーションをとらずに、視線を空に彷徨わせて自分が何をしていいのか分からない様子。ただ、注意するとその場は理解してくれる。ニワトリじゃないが、その理解が続くのは10歩程歩く間だけ。

もしかして🤔去年の一年生(二年生)よりもユニークな子が多いかも… 

みんなこんなもんだったかしら?

それにしても、しっかり加減の男女差が大きいことに驚かされる。😮

女の子達は初めての友達とも何となく多少の言葉の遣り取りをしつつ、少しずつ相手との距離を縮めていくことが上手い。

これも脳梁の太さが見せる技なのか…

ゴチャゴチャしたまま、過ぎていく毎日の中、この子達がどんな成長をこれから見せてくれるのかワクワクもする。

 

 

 

 

 

 

春休みで滅茶苦茶忙しいけれど、優しい瞬間に救われる。

f:id:haruna333:20170329211244j:image

今、学童は春休みで一日保育を実施している。

子ども達は朝からお弁当持参で元気に登所してくる。👦🏻👧🏻👦🏻

そして、A学童のMO君が相変わらず面白い。

次々頼んでくる子ども達に囲まれてポケモンの絵を描いていたら、そこへMO君か手を背中で組んで首を左右に振りながら私に近づいてきた。

「○○さんは、何をしているのかな?」

と偉そうに聞いてきた。

「はい、○○さんはみんなのポケモンを描くのに大忙しでございます。」

と答えると、ゆっくりと私の絵を覗いて、

「ほほう、貴方はなかなか良い仕事をしてますね。」

と言ってくれた。

偶にこのように、MO君に"おじさん"がおりてくる。

私は見た目と語り口調のアンバランスに笑いを噛み殺して、絵を描くのに集中するフリをした。

暫くすると、またやって来て、

「○○さん!僕にカイオーガ(ポケモンの名前)を描いてぇ〜」

と紙を持ってきた。

「今日のそのサービスは終了しました。」

とふざけたら、

「困りますなぁ。 描いて描いて!さあ!」

と言うので描き始めたら、ジィーッと描き終わるまで私の手元を見つめていた。この瞬間、この集中力がこの子のチカラなんだなと身じろぎもしない彼の様子を視野内に感じて何だかとても、ホッコリした。^ - ^