読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

どうしたら良いのか…

f:id:haruna333:20170122230420j:image

A学童のKO君も間も無く四年生となり、ここを卒所する。👋🏻

事ある毎に、色々話したり、やって見せたり、叱ったりしてきた。だが、彼にはどうもさっぱり何も響いてないように見える。

今日も、みんなが宿題をしている時に私の首に手を回し、背中に黙ってしがみついてきた子どもがいたので一年生かと思い、振り返ったらまたKO君だった。

因みに大人に構われないことが常態であるとも言えなくないB学童の三年生男子は滅多にこの様なことはしてこない。

可愛いだけで結構すまされてしまう一二年とはもう違う、ということを彼は殆ど理解していない。

KO君の家庭環境を考えたなら、仕方がないのは分かっていても、もうすぐ四年生になるこの時期に、一年生とレゴの引っ張り合いをして負けて、相手を恨んだり、その挙句に睨んだりでは幼稚が過ぎる。

いつもニコニコして、甲高い声で誰にでも話しかける人懐こさは、今までは有利に働くことが多かったが、もはや学童内では鬱陶しがられている。🙅🏻

集中力が無くやることなすことが全部中途半端で遊びも飽きるとスッと抜けてしまい、面白そうな人達がいると必ず首を突っ込んで、仲間に入れてもらえないと、事情も分からず逆恨みする。☹️

彼のこれからのことを考えると、何の知恵も絞り出せない無力な自分を自覚する。

どうしたら、良いのだろう?

四年生になって、学童に来ないで家に帰ったら、ゲームばかりに集中し、このままオメデタイまんま、身体だけ大人になっていくKO君が容易に想像できる…😨

あと、二ヶ月とちよっとしかない…