読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

いや、少しは真面目になろうよ。

f:id:haruna333:20160921105231j:image

脚にしがみつくのと、キスが大好きなFH君は二年生男子。彼は常にヘラヘラしていて、人懐こくて、本気なんだか本気じゃないんだか、分かっているんだか、分かっていないんだか、よくわからない???子である。🤔

でも、ほぼいつも笑顔で、会うと必ず話しかけてくれる彼を、私は可愛いと思っている。

 

昨日、そのFH君が、校庭で遊んでいる子ども達の間を物凄いスピードで駆け抜けて行った!そして、私を見つけると、私に突進してきて私の後ろに回り込んだ。🏃🏻💨

真っ赤な顔をしてFH君を追っかけていたのは、イケメンで真面目過ぎる二年生男子のNA君だった。😡

 

NA君が言うには、FH君と一緒に鬼ごっこをしていたのだが、FH君がズルばっかりして全然ルールを守ってくれず、誤ってと言っても、謝らないのだという。

私はその場でFH君に、NA君の言ってることに間違いが無いか確認した。FH君は、もう半分逃げながら

「そうだよーー」

と言いながら走り去ってしまった。

私が捕まえて無理矢理謝らせることは、出来たが、周りで聞いていた女子達もNA君と一緒に追っかけ始めたので、少し様子を見ていた。

 

NA君が遂に追いつき、FH君を押し倒し、(柔らかい人工芝の上)四つん這いになって仰向けのFH君を押さえ込んだ。

FH君は、その体勢でも何だかヘラヘラしていて謝ることができない。

そして、隙をみてちょっと自由になった右手を、NA君の掌から引き抜き、やわら、NA君の鼻を結構な強さでパシンと叩いた。

NA君の鼻から、鼻血がツーと滴り落ちた。

これは、もう黙って見ている訳にもいかず、ティッシュを出してNA君の鼻を押さえながら、FH君に、

「今のは、本当に駄目だよ。自分が悪いのは分かっているよね。NA君に謝りなさい。」

と本気で叱った。FH君は、

「ご・ま・ん・な・さ・い」

とまだ、ふざける。

「ごまんなさい じゃなくて ごめんなさいでしょ!」

NA君は、鼻血を出しながら、顔を真っ赤にして、目を潤ませている。

 

とうとう、昨日はFH君の口から謝罪の言葉を聞くことができなかった。幸い、NA君は、普段から鼻血が出やすい子ですぐに止まった。

明日、再度トライする。