ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

またねぇ!A学童の子供達!


f:id:haruna333:20151230232351j:image
A学童の勤務期間が今月末で切れるので、ご縁があればまた来年秋からここで働けるという日を迎えた。

この時期を迎えると、いつも思う。子供達の顔を見て泣いたりしないか、知らんぷりされて悲しくならないか。

今回は最後の日が28日だったので、みんな冬休みで休んでいて、いつもの半分の数の子供達を一人一人ゆっくり回って顔をじっくり見ることが出来た。静かにお別れが出来た。??

まあどうせ一年以内に戻って来るという気持ちと、少しだけ、自分の年齢ではいつ身体に不都合なことが起きるか分からないから、戻って来られないかもという気持ちがない交ぜになって、些か寂しくなった。?

ここの学童の大人のスタッフは本当に信頼のおける人ばかりで、子供達の気持ちをよく理解しようとし、少ない予算を切り盛りして、体にも心にも良いおやつを用意し、楽しいイベントを計画し、夢中になれる遊びを提供している。

だから、子供達は安心できる。

私はひたすら彼等と遊べないことが寂しいだけなのだ。
これは、エゴだなと思う。分かってる。分かってる。(-_-)

年明けはB学童の子供達と思いっきり遊ぶぞー!!!