ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

ハローウィンであそぼ!

f:id:haruna333:20141022085251j:plain
今、子供達は10月末のハローウィンに向けて、衣装作りにいそしんでいる。
色とりどりのビニール袋(ゴミ袋大)に首と両手の部分の穴を作り、思い思いの飾りを付ける。?
折り紙で作ったカボチャであったり、コウモリであったり、金や銀のテープでパイピングをしたり、はな紙を折って作ったふわふわのピンクや水色の花をつけたり…
あと、魔法使いの杖や帽子やマントも模造紙やビニールで作る。案外男の子も参加するのが嬉しい。?

一人の一年男子が声をかけてきた。
「○○さん、これ上手く切れないから、切ってぇ〜」✂

体が大きく、運動も出来て、みんなの人気者のG太君だ。魔法使いの帽子のつばをドーナツ型にきるのだが、中央の穴が切れず、頼ってきた。?

「こうやって、鉛筆をプスっとさして穴を空けて、そこから切っていけばいいよ!穴は私が空けるね。」

と穴を開けて渡すと、?

「え〜、上手く切れないからやってよ!破れたら、やだから」

と言う。そう言えば、みんなやたらと失敗を恐れる。余程、色々な局面で失敗しないよう言われるのか…

私は

「紙、一杯あるから、失敗したらまた切ればいいじゃん!頑張れ!沢山失敗しなさいな。」?

と彼に笑顔でハサミと紙を返した。少し心に緩みを持たせたくて。(^O^)