読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

もう、安心だね!\(^o^)/

f:id:haruna333:20140621231516j:plain
A学童。初老の男性職員が三月に定年退職して後任でいらした女性の職員がなかなか凄い方。年の頃は三十代半ば。三人の小さなお子さんを育てながら、仕事・母・奥さんを頑張ってる。この先生がまたいい先生で…😊
とても温かく、誰彼区別無く親切で気配りの出来る先生なので、ホッとしてます。

先日、私がずっと気にしていた三年男子のQ君が彼女に心を開き始めたかなと思う出来事があり、私はもうこの学童は新職員さん達にお任せして大丈夫だなと考えました。ε-(´∀`; )

彼は今はもうそれほど珍しくない母子家庭の次男です。お家でもお風呂掃除や買い物を始め、フツーの小学生はとてもしないだろうお手伝いをしている子です。お兄ちゃんは少しやんちゃで大人しめな親御さんから若干敬遠されてしまうタイプです。お母さんが少し意固地な方で前の学童職員とうまくいってなかったので、Q君が新一年生としてこの学童に入った時から、Q君を目の敵にしていた感があって、私は私の出来る範囲で彼を守ってきたつもりです。何でも我慢してしまう子で、私は彼が泣いたところをほとんど見たことがありません。
ここにきて、件の職員さんが三月末に定年退職し、お兄ちゃんの影響もあってか、前よりもキャラがだいぶ変わってきて少し乱暴な言動がみられ、わざと大人に叱られるようなことをし始め、新職員さんの手を煩わせることが頻繁になってきました。😞

でも、先週ぐらいから叱られて涙を流して泣く彼を二度も見たのです!😳
大したことで叱られた訳ではないのに皆の前で泣く(泣ける)彼を見てやっと学童で心をオープンにして、解放するようになれたんだなぁと私は安心しました。
今日も「この学童やめたくないから」と言って、一年生の散らかしたオモチャを一生懸命片付ける彼を見て[何を考え片付けているかはどうでも良く、片付けられること自体が素晴らしいと私は考えます。]私はもう大丈夫と思いました!!!👍