ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

J君に近づくぞう!

f:id:haruna333:20140426131745j:plain
今日はB学童の日。あぁ、雨。☔

子供達は雨だと校庭で遊ぶ分のエネルギーをそのまま部屋に持ち込むので、一日大変なことになります。

J君は色白なので、いつも真っ赤な顔をして帰って来ます。
齧歯類の様な可愛い顔立ち。??

要支援の一年生の世話をしていたら、無言で背中におぶさってきた子供が…ちょっとムチムチした、やや肉厚な手、背中にずしっとくる重み、もしやと思ったらJ君でした。すぐに名前を当ててあげることが出来ず、残念!
「なあんだ!J君だったかぁー」
彼はにこにこしながら、去って行きました。

私は要支援の子から離れることが出来ず、良いタイミングを逃してしまったのです。

要支援の子が帰り、時間が出来たので、一人でいたJ君に
?「J君、将棋かオセロかトランプか何か、J君のしたい遊びをしようー」
と誘ってみましたが、もうダメだった。読書に夢中で無視されてしまった。?
何か彼に近づけられるもっと良い作戦を練ってリトライしようと思います!

J君が少しでも楽しいと思える時間を過ごせるよう、協力したいと思います!!

いやいや、それにしても今日はみんな酷い荒れようでした。コンサータ?で落ち着いていたはずの三年生になったE君も?の様に高い所に登ったままおりて来ず、そこでケタケタ笑い、色々なものを人に投げて来ました。私がみていた一年生のT君も何かとダダを捏ね、ひとときも目を離せませんでした。

雨と春のせいかしら?
(⌒-⌒; )