ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

本当にもうお別れなんだね。??

f:id:haruna333:20140327075749j:plain
いよいよ間も無く、四月がスタートします。?
B学童の暴れん坊三年生達とももうお別れです。正直、「寂しい・悲しい?」が四割、「ホッとしたー?」が六割な感じです。心残りがありますが…

B君は本当に落ち着きました。彼はこのままいけば、社会に出てからもほぼ馴染めるキャラクターになりました。

ただ、C君は…
残念ながら わからんちん のままです。?
彼は、余程 軌道修正しなければ、孤立化を免れることは無いでしょう。誰が彼を正しい軌道に導いてくれるでしょう?といいますか、誰に出来るでしょう?
今の彼を育てた親御さんではまずあり得ない。

私達は四年生になった彼を校庭で見守ることは出来ます。トラブルがあれば、駆けつけるつもりもあります。でも、二時間余りの校庭解放では、何にも出来ないに等しいです。

担任の先生に期待したいところなのでが…

  
この頃の先生は事務仕事が多過ぎて、生徒と向き合う時間がなかなか作れないとききます。

教育改革の前に、やらなければならないこと一杯あるんじゃないかと、学童をなくすなんてもってのほかだと、思いませんか!!???