読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルナおばさんの子守りEYE

パートの関係で子供と接触することが多いので、最近の子供達についてあれこれ感じていることを書きたいな〜と。

👮あの、全く例えばの話

一日だけ、自衛隊員の方二名くらいにお願いして、(勿論体罰は無しで)暴力を振るった子だけに徹底的に注意してもらったら、多少の効果があるのではとおもったりする昨日今日です。

実は職員さんも危機感を感じているので、夏休みのみの条件で臨時に雇用された男性が3名程いらっしゃるのですが、少々おとなしめな方ばかりで、「ジジイだから、声も小さいわー ハーハッハッハ」と子どもに言われても、そのことを叱らないのです。
もっとパンチの効いた叱り方の出来る人求む!!

昨日おとなしめの女の子や一年生が、二・三年の(三年は八割、二年は半分の)男子を怖がっていることをお話ししてくれました。そうだよねぇ。まあ、話している子どもも、あなた自身も少し直して下さいね。という現状です。

ただ、甘いのかも知れませんが、まだこの職場で頑張ろうという大人には、無闇矢鱈に頭ごなしに叱ることをお勧め出来ません。そのやり方には疑問を感じます。少しでも彼等との人間関係を築かないと成り立たないのがこの仕事です。
彼等のどんな行動にも原因があるので、少しのリアクションにもアンテナをたてていたいのです。

子守りおばさんの悩みは尽きません。